EVENT
イベント

event-2.png

 エスニックメディア祭典 in 名古屋
 2018/2/11(日)

@同朋大学Do閲蔵ホール

「エスニックメディア」をご存知ですか?
日本に住む外国人向けに発行されている新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどのメディアのこと。日本全国に100種類以上あるといわれています。

名古屋市に住む外国籍の人は約7万8千人。特に中国、朝鮮韓国、ブラジル、フィリピン、ベトナムの人たちが多く、それぞれネットワークをつくって自分たちの文化も大切にしながら暮らしています。

各国のネットワークにある「エスニックメディア」には、どのようなものがあるのでしょうか? また、生活情報や防災情報など、私たちが外国の人たちと共有すべき情報は、どのように伝えていくのがよいでしょうか? 
多様な情報発信の在り方と可能性について、各国のメディア関係者と意見を交えたいと思います。

==========================================================
第1部 パネルディスカッション
「防災でつながる・エスニックメディアの可能性」
  パネラー: 関西華文時報(中国語 / 新聞&SNS)
        Alternativa(ポルトガル語 / フリーペーパー&Web)
        Japino(タガログ語 / Web)
       SỰ KIỆN JAPAN(ベトナム語/Facebook)
  司会者 :多文化市民メディア DiVE.tv 代表 牧野佳奈子

第2部 交流会
「聞かせて!編集長のイチオシ☆ニュース」
各国のスナックを食べながら、編集長のイチオシ記事について意見交換しましょう!
==========================================================

日時:2018年2月11日(日祝)14:00~
主催:中村区役所
場所:同朋大学
市バス中村公園バスターミナル1番乗り場「稲西車庫」行「鴨付町」下車徒歩1分。  
◎市バスの場合、「栄オアシス21」6番乗り場、または「笹島町」4番5番乗り場からも稲西車庫」行きのバスが出ています。
※公共交通機関のご利用をお願いいたします。 

*問い合わせ  同朋大学・地域連携(052-411-1207)






チラシFIX.jpg


Facebookイベントページはこちら
更新情報などCheck!!!

event-3.png



報告ビデオは編集中です

第2回あいち多文化ツアー


2017.11.18 (土)ー19(日)
@名古屋市・津島市

多文化県あいちをぐるっと巡るスタディツアー🚌✨
ディープでリッチで日本の知られざる一側面がここに!


第1回BBQ CAMP


2017.9.30 (土)ー10.01(日)
@アウトドア犬山キャンプ場

ブラジル人学校の高校生と、日本人大学生&留学生の大交流キャンプ😆⛺️😍遊んで叫んで言葉の壁をぶち壊せ!!!!!!!


第1回ネパールカレー会


2017.7.26 (水)
@アンナプルナ池下店

シェフ直伝の本格ネパールカレー&ナン&モモづくり体験!!!
スパイスの力で今年の夏を一気に乗り越えよう💪😁


日本語×中国語おしゃべりパーティ


2017.2.26 (日)
@DiVE office

中国語を勉強している日本の人と、日本語を勉強している中国の人が出会いを楽しむカフェ♪
あんな話やこんな話に花が咲きましたよ^^


多文化交流1DAYキャンプ


2016.8.27 (土)
@岡崎市くらがり渓谷デイキャンプ場
共催:NPO法人こどもたちのアジア連合

ガッツリ異文化交流を楽しむ1DAYキャンプ!!!
「ニジマスのつかみ取り」「サバイバルBBQ」「世界のキャンプゲーム」で言葉を超えた交流で夏を締めくくろう!

ネパール地震1周忌追悼法要
活動報告会
アジア規模で防災を考えるパネルディスカッション


2016.4.24 (日)
@万松寺
共催:万松寺、ネパールコミュニティ名古屋

2015年4月25日に起きたネパール地震から1年。
支援活動に立ち上がったネパール人留学生などの団体「Nepalese Community Nagoya (NCN)」が、名古屋市にある万松寺の協力を得て追悼法要を行いました。

合わせて、DiVE.tvとのコラボによるパネルディスカッションも。災害が絶えない東アジアで、国を超えて助け合うための第一歩となることを願って…。

新年もちつき大会


2016.1.9 (土)
@港区九番団地
協力:NPOまなびや@KYUBAN、NPO法人こどもたちのアジア連合

港区の九番団地で、お餅をペッタンペッタン。
初めて日本の餅つきに挑戦したこどもたち(や大人たち)。きな粉も石挽でつくるというこだわり様で、思う存分日本の正月気分を味わいました。
その後、各国の家庭料理がテーブルに並び、大人もこどももお腹パンパンに…^^