コロナ給付金情報_個人事業主

【個人事業主】コロナ関係で申請できる6つの情報まとめ

2020.04.20

スーパー、レストラン、フリーランス通訳者など、自分で仕事をしている人(個人事業主)が新型コロナの影響を受けた場合に、お金の申請ができる救済措置をまとめました。

相談窓口はどこも電話がつながりにくくなっているようですが、あきらめずに挑戦してみるとよいと思います。通訳が必要な人で、誰に頼めばいいかわからない場合は、080-3745-7991に「SOS」とメッセージを送ってください。


1)売上げが去年に比べて50%以下になった人

→  上限100万円がもらえます。(持続化給付金)

「2019年の売上げ - [前年月に比べ50%以下になった月の売上げ×12]」が、新型コロナによる損失分として政府から給付されます。上限は100万円(法人の場合は200万円)です。
売上げが去年の同月と比べて50%以下になった個人事業主であれば、どんな仕事内容でも対象になります。フリーランスの通訳翻訳者やカメラマン、コンサルタントなども対象です。

申請は補正予算が通ってから1週間程度で始まるということなので、おそらく4月下旬になりそうです。その後、インターネットから申請すれば2週間程度でお金が振り込まれる予定です。

よくあるお問い合わせへのリンクはこちら

【必要なもの】
本人確認書類、2019年の確定申告書類の控え、減少月の事業収入額を示した帳簿など

【お問い合わせ】
中小企業金融・給付金相談窓口
0570-783183(平日・休日 9:00~15:00)

経産省-給付金1


2)収入が減って生活に困っている人

→  20万円を借りられます。(緊急小口資金)

2年以内に返すことが条件ですが、場合によっては返す年数をのばせることもあるので、まずは近くの社会福祉協議会に行って相談してみてください。
保証人はいりません。所得条件もありません(収入がいくらだったか関係ありません)。
税務署に「開業届け」を出していない人でも申請できます。

6カ国語で書かれたPDFのリンク先はこちら:厚生労働省HP

【申請する場所】
近くの社会福祉協議会(すべての市町村にあります)
愛知県社会福祉協議会のHPはこちら
愛知県内にある各社会福祉協議会の連絡先はこちら
※電話がつながらない場合は、先着順の可能性もありますので直接行ってみてください。

【必要なもの】
本人確認書類(免許証など)、月の収入が確認できるもの(通帳など)

生活給付金2-1-やさしい日本語


3)仕事がなくなった人

→  月15万〜20万円×3ヶ月間お金を借りられます。(総合支援資金)

一人暮らしの人は15万円、2人以上で住んでいる人は20万円の生活費を、最大3カ月間、無利子で借りることができます。10年以内に返さなければいけませんが、場合によっては返す年数をのばせることもあるので、まずは近くの社会福祉協議会に行って相談してみてください。
保証人はいりません。所得条件もありません(収入がいくらだったか関係ありません)。

ただし、こちらは必要な書類がたくさんあるので、通訳が必要な人は通訳人を手配して行くことをおすすめします。

【申請する場所】
近くの社会福祉協議会(すべての市町村にあります)
愛知県社会福祉協議会のHPはこちら

【必要なもの】
本人確認書類(免許証など)、家族の収入が確認できるもの(納税証明書など)2〜3年分、仕事がないことが証明できるもの(離職票など)、家計の支出がわかるもの、その他

生活給付金2-2-やさしい日本語


4)子どもの学校が休みになって、仕事ができなくなった人

→  仕事ができなかった日×4,100円がもらえます。
(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金)

227日〜630日の期間に、新型コロナの影響で子どもの学校(保育園、幼稚園、小学校、特別支援学校、放課後児童クラブなど、障害のある子どもの場合は中学・高校または専修学校など)が休みになり、子どもの世話をするために仕事ができなくなった人が対象です。
また、新型コロナに感染したおそれのある子どもが学校を休んだ場合も対象となります。

ただ、子どもが学校を休む前に仕事の依頼があったことが証明できなければいけません。
仕事内容や、場所、時間などが指示されていたかどうかもチェックされます。

【申請方法】
こちらの厚生労働省HP から提出書類をダウンロードし、必要な書類とあわせて郵送

【必要なもの】
各種申請書、住民票、臨時休業について記された学校からの通知など、業務委託契約書など

【お問い合わせ】
学校等休業助成金・支援金受付センター
0120-60-3999(9時~21時・土日祝日含む)


5)収入が去年の同時期に比べて20%以上少なくなった人

→  税金の支払いが遅れても、1年以内であれば延滞税がかかりません。

今年2月以降に、収入が前年月に比べ20%以上少なくなった人は、税金の支払いを遅らせることができます。手続きをしないと延滞税がかかりますので、対象になる人は税務署に相談し、手続きすることをおすすめします。
税金を払う〆切の前でも申請できます。

【申請方法】
こちらの国税庁HPから申請書をダウンロードし、記入して近くの税務署に提出
※近くの税務署に事前に電話で確認してください。


6)売上げが去年または一昨年に比べて5%以上少なくなった人

3年間は実質無利子で3000万円まで借りられます。(新型コロナウイルス特別貸付)

融資限度額は6000万円、返済期間は15〜20年ですが、3000万円までは3年間実質無利子になる予定ということです。

くわしくはこちら:日本政策金融公庫HP

【必要なもの】
借入れ申込書、売上げ減少の申告書、最近2期分の確定申告書など

【相談する場所】
中小企業金融・給付金相談窓口
03-3501-1544
または各支店の窓口



 

新型コロナに関する給付や手当ては、今後も変わる可能性があります。
情報をしっかりチェックしてくださいね!

DiVE.tvへのお問い合わせや相談は、テキストでお願いします。
日本語、英語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、スペイン語、中国語、韓国語のどれかで書いてください。

メール:info@dive-tv.nagoya
Facebook:@dive.tv.nagoya
SMS:080-3745-7991

 

(written by Kanako Manako)